私たちについて

スポーツ施設Jヴィレッジは、福島第一原子力発電所から南に20km離れた楢葉町にあるスポーツセンターで、震災当初は避難場所の一つでした。原発事故後、日本政府による事故対応の最前線の拠点となりました。


2013年まで、自衛隊、消防士、何百人もの除染員や専門家がこの地域に滞在し、水素爆発、原子炉のメルトダウン、そして継続的な廃炉や除染に対応するためにFDNNPに入りました。Jヴィレッジは、数年にわたる清掃・改修作業を経て、スポーツ施設として再オープンを果たしました。

fokusgim